総量規制対象外のおすすめ銀行カードローン

 

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.6%〜14.6% 迅速 不要 なし 10万〜500万
学生10万円
主婦30万円

貸付条件をご確認ください

総量規制対象外!三菱東京UFJ銀行カードローンの要点】
銀行カードローンによる借り入れは総量規制の対象外となるため、消費者金融からの借り入れが不可能な方は、銀行のカードローンを検討することをおすすめします。
中でもお勧めは三菱東京UFJ銀行カードローンです。数ある銀行のカードローンの中でも人気bPのカードローンです。 金利が4.6%〜14.6%ととても低金利なのが嬉しいところです。また口座を持っていれば即日振込融資も可能ですので、急ぎの方でも安心してお借りいただけます。もちろん、口座を持っていない方でもカードローンを利用することができます。 また、申し込み対象年齢は20歳以上65歳未満です。銀行カードローンの場合、60歳を上限としているところが多いので、これも特徴的といえます。
保証人や担保も不要。インターネットなら10分〜15分程度で申し込みが可能なのも便利ですよね。


じぶん銀行カードローン

じぶん銀行カードローン

じぶん銀行申込み 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
3.9%〜17.5% 最短即日 不要 なし 500万
学生10万円
主婦30万円

貸付条件をご確認ください

総量規制対象外!じぶん銀行カードローンの要点】
じぶん銀行カードローンの特徴はとても便利なところです。パソコンや携帯電話で申込みから借り入れまでができるのはもちろん、携帯電話で口座管理をすることも可能です。携帯電話会社も、au・ドコモ・ソフトバンクの3社に対応しています。口座管理までできることはインターネットが使える方にとって非常に便利だといえます。 新しいカードローンですし人気急上昇中、便利なカードローンです。 気になる金利は3.9%〜17.5%ですし、限度額は300万円まで。安心してお使いいただけるおすすめのカードローンです。 インターネットなら素早く10分〜15分程度ですし、即日融資も可能です。


みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

申込 金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
5.0%〜14.0% 最短即日 不要 なし 500万
主婦30万円

貸付条件をご確認ください

総量規制対象外!みずほ銀行カードローンの要点】
みずほ銀行も総量規制の影響を受け、人気がさらに上昇してきています。銀行カードローンが総量規制の対象外ということは総量規制の抜け道的な言われ方をしていますが、実際、追加の借入が必要なのに門前払いをされてしまっている人にとっては救済策のように思えるものかもしれません。みずほ銀行は大手銀行でもあるので、人気が上昇するのも当然といえます。 みずほ銀行の一番のポイントを一つ上げるとするなら、低金利である点が挙げられます。金利がなんと5.0%〜14.0%。これは大変低金利です。特に下限金利の14.0%は100万円以下の融資を希望される方にはお得感が大きなものになっているといえます。金利が気になるという方も安心して利用できるのではないでしょうか。 インターネットなら15分〜30分程度で申し込みが完了します。限度額その他詳細は貸付条件をご覧ください。


楽天銀行スーパーローン(カードローン)

楽天銀行スーパーローン

金利 審査スピード 保証人・担保 年会費・手数料 極度額最高
4.9%〜14.5% 1〜2営業日 不要 なし 500万

貸付条件をご確認ください

総量規制対象外!楽天銀行カードローンの要点】
追加の借り入れや借り換えを検討中の方には楽天銀行のスーパーローンがおすすめです。こちら、下限金利が4.9%(〜17.8%)と銀行カードローンの中でもとても低金利ですので、人気です。 また、とても嬉しいのが、楽天会員向けに楽天ポイントがたまったりするキャンペーンなどを実施しているところ。そのため、楽天でお買い物をしたいという方なども、とってもおすすめです。限度額最高500万円となので、ポイントももらえて利用できちゃうということでお得ですよね。こちら借り換え先としておすすめできます。


総量規制の抜け道探しの前に・・・

年収の3分の1以上の借入を規制する総量規制の対象は消費者金融や信販会社となっています。 当サイトでも何度も言っているように、銀行は総量規制の対象外であり、銀行カードローンも当然総量規制の対象とはなりません。 ゆえに、消費者金融から追加の融資を受けられず困っている人には、一種の抜け道のようにも、救済策のようにも思えるものですが、銀行のカードローンを利用する前に一度家計を見直してみる必要があるかもしれません。 安易に借りれていたからこそ多重債務者が増え、それに対する規制として総量規制が登場しているのです。 「なんだ、銀行の個人向けローンならOKなのか」とすぐに抜け道にすがるのではなく、なぜ借入をしなければならないのか、その状況は今後どう改善されるのか、そういった根本的な家計の収支を考えた上で利用するようにしましょう。 計画的に利用すれば銀行カードローンは非常に家計の助けになります。 しかし、無計画に借りてしまえば家計の破たんを加速することにもなりかねません。 結果的に家計を悪化させることのないように注意して利用しましょう。

 

 

 

リンク集

-PR-
家に居ながらお金が稼げる!在宅の仕事なら文章買取netがおすすめです。募集は断続的ですので、継続してチェックしましょう。
銀行以外にも大手消費者金融であれば個人向けローンが各種ご利用いただけます。審査もスピーディで金利も低く、おすすめです。生活費などのお金を借りる方法netなら断然銀行のカードローンがおすすめです。低金利で高額融資枠をもらえる場合もあります。
FX特徴